旅する蜂ブログ

旅する蜂ブログ

母なる地球を、自然を愛する!!

氷は消え、ついにカヌーを浮かべるときがやって来た

パラパラと降っていた雨は止み、それに代わるように風が吹き始めた。風は徐々にその強さを増していった。全てを吹き飛ばすかのように荒れはじめた。僕は堪らず岩影に身を隠した。風は土埃を舞いあげ、木々をユサユサと揺らし、湖の湖面上に大波を生じさせていた。湖に浮かぶ氷は大波によって亀裂が生じ、どんどん崩れていった。風は朝まで止むことなく吹き続けた。
早朝、目覚めていつものように湖を眺めた。昨日まで半分以上湖面を覆っていた氷は跡形もなく消え、山影から差し込むオレンジ色の朝日がキラキラと水面に光輝いていた。美しかった。そして、それは出発の合図でもあった。
f:id:Yu-Ma:20170523114924j:plain
f:id:Yu-Ma:20170523115026j:plain
僕はサッと荷物をまとめてキャンプ場を後にし、ヒッチハイクで町へ出た。
f:id:Yu-Ma:20170523114757j:plain

到着初日から色々とお世話になっているカヌーショップ“カヌーピープル”へ行き、扉を潜ると、薄暗い店内からいきなり声が聞こえてきた。
「オーーーーユーマ!森から出てきたか!!元気だったか?!俺は今日出発するぜ!!」ホワイトホースに到着した初日に出会ったイングランド人のハンターという男だった。彼も僕と同じ、ユーコン川を1人アラスカのベーリング海を目指してカヌーで下ろうとしている。明日、最終準備を整えて明後日出発する予定の僕は、のんびりと話ながら彼の準備を見守った。
f:id:Yu-Ma:20170523114854j:plain

閉店間際、オーナーと店員、ハンターと僕で旅の出発を祝って乾杯!
f:id:Yu-Ma:20170523114825j:plain

その後、ハンターは店の裏を流れるユーコン川の水にカヌーを浮かべ去っていった。
f:id:Yu-Ma:20170523114733j:plain
僕の出発地点はユーコン川の支流、テズリン川(ジョンソンクロッシング)だ。この川を1週間程かけて下り、後にユーコン川へと合流する。(1週間氷の溶けるのを待ったラバージ湖は通らないのだが・・・)相当な事がない限りこれ以後、道中ハンターと出会うことはないだろう。それを思うと、川に流されてどんどん小さくなってゆく彼の後ろ姿を見ながら、何だか寂しさが滲み出てきた。ハンター、無事を祈る!!そして最高の川旅を!!!



f:id:Yu-Ma:20170523115046j:plain
PS キャンプ中、不発だった魚の代わりに自生するワイルドオニオンを採集!