旅する蜂ブログ

奥会津金山町ワイルドライフ

母なる地球を、自然を愛する!!

大嵐が来た

僕の住む山の谷の小さな集落に、大嵐がやって来た。
嵐の源は友達だ。
友達の大群が突然遊びにやって来た。

先ず襲われたのは師匠のラーメン屋だった。
店内ぴっちぴちに入り、がいがい騒ぎだす。
ラーメンはずるずると腹の中に吸い込まれていった。

腹を満たしたその次は蜜蜂だった。
新たな巣を求めて分蜂真っ最中の蜂達。
そんな蜂達の元に集まった僕ら。
初めて見る世界に大興奮。
蜜蜂達もびっくりしたことだろう。

蜜蜂達にお別れをし、次に近所の田植えで忙しいおじちゃんを引っ張って森の中へ山菜採りに入って行った。
コゴミにウド、コシアブラにウルイ・・山菜達は次々に摘まれてゆく。
大いなる山の恵みに包まれた。

家の庭にテーブルやら椅子やらを並べ、ブルーシートで即席の屋根をこしらえた。
簡素な庭は熟練キャンパー達の手により、一瞬のうちにバーベキュー場と化した。
焚き火をおこし、日が落ちる頃、盛大な山菜パーティーの幕開けだ。
ワイワイ騒ぎに釣られて酒一升瓶を片手に続々と集まってくる近所の住人達。
山奥の集落は一気にお祭り騒ぎ。
いくらはしゃいでも広い集落は近所迷惑とはならない。
深夜遅くまで大声で歌い、腹を抱えて笑い転げた。
長くこの地に根をはって生きてきた木は焚き火の炎となり、僕らの空間を暖め、豊かなものへと変えてくれた。
その命を盛大に楽しむことが供養となる。
12時過ぎ、ついに力尽きた僕らは死んだように眠りについた。

目を閉じた瞬間に朝がきた。
死んでしまった焚き火を再び起こし、朝日を浴びながら肌寒い空気のなか、朝のコーヒーを楽しんだ。
昨日とは真逆に心は落ち着いていた。
手作りの極上のフルーツジャムでパンを頬張った。
ほっぺがとろけた。
日が上るにつれて僕らのギアは再び上がってゆく。
蝉の大合唱の如く、たちまち笑い声が沸き起こる。
解体中の小屋に、これから家を作る地にいき、あれやろうこれ作ろう!!と盛大に妄想と夢を広げた。
想像は無限大、それが元となり創造が生まれる。あのワイワイした空間には無限大の可能性が眠っていた。
最後温泉に入って僕らは散っていった。
三峰山岳会の友達による1泊2日の大嵐。
これからこの集落は、頻繁に特大の大嵐に見舞われることになるだろう!
f:id:Yu-Ma:20180601180550j:plain
f:id:Yu-Ma:20180601180639j:plainf:id:Yu-Ma:20180601180729j:plainf:id:Yu-Ma:20180601180816j:plainf:id:Yu-Ma:20180601180900j:plainf:id:Yu-Ma:20180601180957j:plainf:id:Yu-Ma:20180601181124j:plainf:id:Yu-Ma:20180601181225j:plain