旅する蜂ブログ

旅する蜂ブログ

母なる地球を、自然を愛する!!

田舎の醍醐味

「明後日13日(2月)は空いてる?」
それはお誘いだった。
13日は丁度仕事も何も予定はなかった。
どこに行くのか、誰と会うのか・・・何がなんだか詳しくよく分からなかったが、それは血沸く面白そうなお誘いだった。

12日の夕方、僕らは旅立った。
金山町から隣町の只見へ約30㌔。
吹雪で真っ白な世界の、それは大冒険だった。
「どこだここ?えぇ、今どこだここ?」
助手席に座る友人はそう叫び、僕は慎重にハンドルを握る。
雪にうもれた町は景色が分からず、ハラハラ迷子になりながら僕らはようやく到着した。
頭よりも高く雪が埋もった地に、重く佇む古民家「叶津番所」という所だった。
古びた窓からはオレンジ色の光がか細くこぼれていた。
それを見た瞬間、頭の中には「坊や➰」と昔話の歌が流れ、でんでん太鼓を持った赤ん坊が乗る龍が踊った。
小さい頃の記憶だった。
好奇心が爆発した。

壁に柱、床に茅葺き屋根、それらが包み込む空間は、洞窟の中にいるような、異様な重さだった。
築250年を越える老齢の古民家だった。
家の年齢。
それは切られる木の生きた年齢を考えれば400年は、500年は、600年はゆうに越えているだろう。
その木が根付いていた大地を考えると、もうその年ははるか昔にまでどこまでも遡ることだろう。
家は偉大なる大地だった。

薄暗い居間に、こたつを囲って4人の先人達が座っていた。
皆初対面だった。
皆、達人だった。
瞑想の達人、渓流釣りの達人、登山の達人、ヨガの達人・・・・
自然と口から出、輪の中に溶け込む会話は、普段話せなく聞けないような深いものばかりだった。
はるか昔から生きてきた古い家。
この家はこれまで一体どんな会話を聞いてきたのだろうか。
家が建つ以前、森の中で、孤高に生きていた木々達はどんな世界を見てきたのだろうか。
昔を生きた木々で出来た家、その中で生まれる、現代を生きる僕らの会話・・・
それは過去と現代という時を越え、時間を越えたたものであった。

その空間に漂う空気を吸い、窓から差し込む夜の光を浴び、流れゆくここでこその雰囲気の中、出てくる言葉や会話の数々。
それらはこの家が、その空間が導く言葉であり、会話であった。
ここを包み込む空間でこそ成り立つ会話や言葉であった。

侍がいたという部屋に布団が引かれ、眠った。
ぐっすり眠った。

もので溢れ、何でも簡単に手に入ってしまう今の世の中。
ここはそれら物質世界とは別の、高みある精神の世界だった。
それは田舎の醍醐味であった。
会津は最高だった。

f:id:Yu-Ma:20180220172642j:plain
f:id:Yu-Ma:20180220172900j:plain
f:id:Yu-Ma:20180220172703j:plain
f:id:Yu-Ma:20180220172727j:plain
f:id:Yu-Ma:20180220172747j:plain
f:id:Yu-Ma:20180220172809j:plain
f:id:Yu-Ma:20180220172837j:plain

静寂

日が暮れた夜、僕は囲炉裏で小さな火を起こす。
暖かい炎を前にご飯を食べて生を受け、読書して世界中を命の危険も無しに思う存分旅し、時に夢想して色んな発見をし、1人を楽しむ。
ストーブとは違い、自然の発する音はなんと心地いいのだろう。
1日のこの時間が、僕は大好きだ。

田舎には何もないという言葉をどこかでいつか聞いたことがある。
後先を考えて、田舎に飛び込んで住んでみたけれど、決してそんなことはなかった。
田舎にあるものの1つ、それも雪の降る冬の田舎にこそあったものの1つが静寂だった。
深い深い深い深すぎる「静寂」だった。
(無音ではない。無音はこの世界にはないと思う)

外に出ると、珍しく月が照っていた。
降り積もった雪が一面、青白く光っていた。
少し深い雪の中は光がとおらず、真っ暗なのだろう。世界中を旅し続けている水が、この地で静かに休んでいた。お疲れ様。
遠くから小川の水の流れる音が微かに聞こえてきた。それは極寒の地で、清く流れる生命だった。
葉を落とした木々は死んだように佇んでいた。
あと少しで迎える春を月夜の中で辛抱強くじっと待っていた。
シンと静まりかえった世界だった。
その世界から色んなものが語りかけてくる。
縛られない心は自由自在。
どこまでもどこまでも広がってゆく。
静寂ほど心を豊かにしてくれるものはそうそうないんじゃないだろうか。

昔は、物を買い、何処かへ遊びにゆき、うまいものを食べ、お金を払って得られるもので心を満たそうとしていた。
でもそれで決して心は満たされることはなかった。
さらに欲望が燃え、乾くばかりだった。
お金を払って得られる幸福感よりも、この地で大自然の中で生きて得られる幸福感のほうが百万倍も大きかった。
壮大な大自然、その魂の幸福感は無限大だった。
f:id:Yu-Ma:20180212080213j:plain

エッセイのささやかな全国デビュー

 

自由。
自由と聞いて、まず頭に思い浮かぶものがある。
自由研究だ。
小学生の夏休みの課題にあった、「自由研究」である。

当時まだ小さな小学生だった僕は、やるもやらないのも自由。それが自由研究だと思っていた。
だから僕は当然、やらなかった。

夏休み明け。
廊下の壁一面には、皆がそれぞれやってきた自由研究の画用紙が貼り付けられた。
それらを眺めながら僕は、「皆は偉いな―。何でやらなくてもいいものをやってくるんだろう・・・」と思い、感心していた。
それが約4年間続いた。

ある年の夏休み明けのこと。
僕は先生に呼び出され、怒られた。
「何で自由研究をやってこなかったんだ?」と。
‘’やるもやらないのも自由なのが自由研究ではない‘’ということをその時初めて知ったのだった。
小学4年生のことだった。
それのどこが自由なんだ!!!?という強烈な疑問の嵐が、頭の中に吹き荒れたことを今でも思い出す。
そうして、小学5年生の夏休み、僕は初めて自由研究をやった。研究したのは庭に沢山いた‘’ダンゴムシ‘’だった。

自由という言葉を聞いてまず思い浮かぶのは、そんな昔の思い出である。

話は変わり、

一般社団法人全国信用金庫協会」さんの、全国の銀行で毎月発行されてい小冊子、‘’楽しいわが家‘’に僕のエッセイの掲載が決まりました!
記念すべきささやかな全国デビューです。

きっかけは去年の東北の旅だった。
山形県大石田をふらふらと旅しているときに、僕はある畳屋さんに流れ着いた。
「柴田畳店」という畳屋だ。
店主の和徳さんはカヌーをやっており、ユーコン川を旅するのにも関わらず、カヌーのカの字も知らない僕に、カヌーの話を色々聞かせて頂いたのだ。
それがきっかけだった。

今回のテーマは自由。
何をどうかいても良し、自由。
何も縛りのない自由である!!

書くとしたら多分100%、自然に関することだろう。例外があるかもしれないけど。

そして原稿の締め切りまであと4ヶ月位ある。
毎日が変化に富んだ日々。
ここで4ヶ月生きていれば、何かしらたまげるような面白い事が起きるに違いない。
これからどんな面白い事が起きるのか、楽しみである!
せっかく書くのだからとんでもないぶっ飛んだものを世にぶっ放っそうと思います。
一人でも多くの人々に、大切なことを訴えます!

書く場を作って頂いた方々にこたえるため、全身全霊、魂を込めて書きます!

全国の店舗に発行されるのは8月だというので、是非皆さんふと思い出したら足を運んで見てみてください!

※画像は輝かしいアラスカの思い出の一枚です

 

f:id:Yu-Ma:20180207131424j:plain

 

f:id:Yu-Ma:20180207131453j:plain

 

旅する本

1年前、東北を旅している時に、青森県のある小さな港町で、僕は1人のおじさんと出会った。
そのおじさんは僕を潮風に晒された小さな家に招き、酒を飲みながらこれまでの人生の物語を淡々と話し聞かせてくれた。
おじさんは昔、罪を犯し、5年間牢屋の中で過ごしていたという。
おじさんには、5年という歳月は途方もなく長く、永遠に感じられた。
やることが何もなく、牢屋の気の遠くなる時間の中で、おじさんはある本を読んだという。
本の名前は「人間釈迦」
僕はおじさんに、この本は絶対に読んだ方が良いと勧められた。

僕は旅を終え、図書館に行ってその本を借りた。
手にとり表紙を眺めると、とても堅苦しい感じがした。
でもせっかく勧められたのだから、読んでみようと何度か挑戦してみた。
が、手にとってページを開かずにいつも終わっていた。
どうしても読む気が起きなかったのだ。
そうしている間に僕はユーコンへ旅立ってしまい、いつの間にかこの本の存在は、頭の中から綺麗に消え去っていた。

ほんの最近。
村の友人から手渡され、読んだ方が良いと勧められた本があった。
「人間釈迦」だった。 
1年という歳月を旅し、僕の元に再びやってきた。
直感だった。
これはもう読むしかないと思った。
それは1年がかりの読書だった。

内容は・・・素晴らしかった。
続巻も読み進めようと思った。
(時たま何か宗教に入ってるの?と言われるが、僕は無宗教です!)

あと70年位ある長い人生の内に、一体どれ程素晴らしい本に出会えるのだろうか。
これからそんな本にどんどん出会っていこう!!

今日を生きる意味

「雪かきを手伝ってくれないか?💦」
近所のおじさんのお願いだった。
断る理由も意味もなく、答えは勿論オーケ!

仕事が終わり、夕方から雪に埋もれた家を掘り出し救出した。
時計を持たないのでどれくらいの時間かいてたのか分からないけれど、気がつけば全身汗だくになっていた。
高い金を払ってスポーツジムに行くまでもない。
美しく壮大な雪景色を眼前に体を鍛えられる喜び。
掌に豆が1つ出来、潰れ、また1つ出来た。
ひ弱な掌が、ほんの少しだけ強くなった。

ふと手を止めると、木の枝で小鳥が鳴いていた。
小鳥は何も持っていない。
けれど、雪かきなどしなくても元気に鳴き、生きていた。
人よりも賢くいきている。
夕焼けに山々が輝き、月が出て輝いていた。
それが美しく、心の底から洗われた。
皆、素晴らしい世界に生きていた!

「家の中が暗いから、窓も少しだけ出してくれないか?💦」
第二の使命が舞い降りた。

窓を掘り出し、救出した。
これからの日々、少しでもおじさんの家の中に日の光が射し込み、家族が喜ぶ顔が頭に浮かんだ。
それが源で、体中からエネルギーが湧いてきた。
これこそが大切なことだった。

無事雪かきが終わった。
若者にとっては朝飯前の雪かきが、年配の方にとっては1日がかりの大仕事。
この地でやるべきことは尽きることなく沢山ある。

汗を流しに温泉に行った。
会津若松から来たと言う人と話が盛り上がった。
やがて猛烈に腹が減ってきた。
話は面白く終わりそうもなく、何処かで切らなければ永遠と話していられそうだった。
「すみません、腹が減りすぎてぶっ倒れそうなので・・・・」
と挨拶してお別れした。
空腹が心地よかった。

美味しい夕飯をご馳走になった。
すっからかんになった胃に入る地元でとれた自然食。
体はすんなりそれらを受け入れた。
大地と家族への感謝の念が沸き起こる。
それは明日からの新たなエネルギーとなる。
僕に食べられた食物が、僕の体になり、願う生き方とはどんなものなのだろうか。
その答えは実に簡単なもの。
この地球の為に生きること。

雪をかき、体を鍛え、心が洗われ、夕飯をご馳走になり、感謝までされた。

それらが今日僕が生きた目的だった。
f:id:Yu-Ma:20180207124847j:plain
f:id:Yu-Ma:20180207124916j:plain

彼は音楽家、魂を揺さぶる音楽家

福島県の各地を転々とし、2週間に及ぶ木こり研修が始まった。
(僕はこれから‘’木こり‘’になるのだ)

男女含め、続々と集まる10数人の人達。
その中で、一際強烈なオーラを放っていた男がいた。
その男は、なにやら背中に巨大はホタテ貝?鍋?みたいなものを背負っていた。
異様だった。異様な姿だった。
何だろうあの背中の物体は?
なんなんだろうこの人は・・・
直感だった。
只者じゃないなこの人は・・・
そう感じた。

直ぐに彼と仲良くなり、その夜、彼はその巨大は鍋みたいなものの包みを開け始めた。
出てきたのはUFOみたいな、怪しい円盤。
今から弾いてあげるよ!そういって、手のひらで叩き始めた。
スウェーデンのハングという楽器らしい。

彼の名は知念さん。
沖縄出身のイタリア人だ。
プロのアーティスト、音楽家だった。
自然の音をとりに、沖縄のジャングルの中に1人.1ヶ月近くもこもったりするという、ぶっ飛んだ自然大好きアーティスト!
掘れば掘るほど芋みたいに出てくる面白いお話の数々。

手のひらで叩き、薪ストーブの温もりが漂う部屋の中に、その音は響き渡った・・・・
それは今まで聞いたことのない不思議なものだった。直ぐに引き込まれた。
全身の細胞隅々まで抵抗なく浸透するような、心地よい音だった。
聞いたことのない音だけれど、でもどこか懐かしくもあり・・・あぁ死んだときはこの世界に行くんだろうな・・・なんとなくそんな風に思えた。
宇宙音?とでもいうのかな。
いつしかその場にいた全員が自然と黙り、聞き入っていた。
音楽でこんなに引き込まれたのは初めてのことだった。

なんでも森の中で奏でると、動物達さえも聞き入ってしまうという。

彼は音楽家
魂を揺さぶり、人を幸せにする音楽家

そんな彼は今、軽井沢に引っ越し、古民家を改造して暮らしてるそうだ。
「田舎には人が居なくて、困っている。だったら俺が行こう!」というのが理由らしい。
なんという気持ちよさ!
そして森をもっと知るために、これから木こりになるそうだ!
どこか僕と同じような匂いがした。
これから長い付き合いになる予感がした。


ハングに森の人、ムーミンを求めにいつの日か、北欧フィンランド(ハングは北欧にあるらしいのだ)に行こう!!

f:id:Yu-Ma:20180119214733j:plain

「家」


福島県の山奥の小さな集落に住み始めて1ヶ月が過ぎ去った。

変化に富んだ日々を、これまで毎日過ごしてきた。


つい2日前も、4人の友達が突然遊びにやって来た。

個性の強烈な、自然と遊びが大好き愉快なおじさま達だ。


その内の2人はすぐ近くの山へバックカントリーへ繰り出し、残った僕らは町のゲレンデへ行った。

町民はリフトもレンタルも無料なのだ。

(ちなみに子供の教育費も医療費も無料)

輝く太陽の下、滑って滑って滑りつくして燃え尽き、やがて僕らは飽きた。

その後、疲れきった体をほぐしに温泉へ行った。

万病に効くという湯治場”鶴の湯”だ。

静かな露天風呂に浸った。

目の前には只見川が、雪を被った山々の間を滔々と流れていた。

温まり癒され、気も身もすっかりのびきった。


夜は鍋を作り、近所のおじさん友達を呼び、ご先祖様が見つめる中、囲炉裏を囲っての宴会だ。

ワイワイワイワイ。

話は深く深く深く深く・・・

気がつけば深夜の3時を過ぎていた。

いつも9時には眠ってしまう僕。

こんなに燃えたのはいつぶりだろうか。


そして家。

今まで誰も住んでなかった大きな家。

この大きな古い家に住み始めてから、しみじみと実感したことがある。

家は本当に多くの植物で出来ているということ。


黒黒と艶を放ち、堂々と佇む木の柱。

その1本の柱、1本の木でも、家となる前には何十年という長い年月、地球から多くの生命を吸いとって生きてきたのだろう。

雨風雪に打たれては強靭な幹を作り上げ、降り注ぐ陽光に葉を輝かせ、極寒の冬に堪え忍んできたのだろう。

木が根を張っていた大地も、地球が途方もない歳月をかけて作り上げてきたもの。

大地には、はるか昔に生きた、多くの生物達が眠っている。

大地に眠る生命の数は計り知れない。

それらを吸って、木は成長してきた。

雨に風、太陽に空気、大地に水・・・多くの動物達が1本の木を作り上げてきた。

木は雨に風、太陽に空気、大地に水・・・多くの生物のそれら全ての結晶だ。

そんな木を使って作り上げた家。

家は、とんでもない数の命に満ち溢れていた。

家に眠るのは、かつてそこで生きた人のご先祖様だけではない。

常に、ご先祖様をはじめ、多くのもの達に見つめられている。

その目は嘘も見抜き、悪いことなど絶対に出来ない。


家とは地球の縮図なんだな・・・と思った。


これまでの人生、僕は僕なりに色んな地を旅してきた。

多くの地で、自然を愛し地球をいたわって生きている多くの人々に出会ってきた。

彼らの家は、どの家もやさしく、居心地の良い家だった。


日々の生活、何気ない行動、思いが、その人の住む家を作り上げてゆく。

それはつまり、地球という家を作ってゆくことなのだろう。

途方もない数の生命に満ち溢れ、美しい変化に富む、地球という巨大な生きた家を。(友よ!皆で自然が溢れるめちゃくちゃ素敵な家を作ろう!!)


いつの日か、僕のフランス人の友人・ブルーノさんが、24年間作り続けている見た目はもう完成している家を前に、こんなことを言っていた。

「この家はまだまだ完成しないよ。」


荒野の森の中で、朽ちゆく、多くの丸太小屋を見てきた。

それらは朽ちて次なる生命、森へと流れていた。

朽ちて尚、森の中の小屋は生き続けていた。


家に完成と言うものは無いのだな。

常に変化し、川の様に淀みなく流れ続けるこの地球に、完成というものがないのと同じように。

多くの生物、そして僕ら人間、皆で作り続け、生きてゆく場所。


僕の今住んでいる家に人が住まなくなり、空き家となってどれ程の月日が流れていたのだろうか。

その間、部屋のなかはいつでも寂しく静まっていたことだろう。

そんな空間で、ワイワイ楽しむことで、家は甦り、これからも生き続ける!


そして訪ねてきた人をもてなす事への喜びを僕は覚えた。


文章がめちゃくちゃで、全く上手くまとまらないけれど、家っていいね!!


PS

2週間ばかり家出・・・いや村出します!

これから仕事をしていくのに必要なユンボとチェーンソー、刈払機の免許をとってきます。

f:id:Yu-Ma:20180115204941j:plain

f:id:Yu-Ma:20180115205001j:plain

f:id:Yu-Ma:20180115205020j:plain