旅する蜂ブログ

奥会津金山町ワイルドライフ

~マタギの見習い~ 自然を愛し、地球の詩を書き、奥会津の山奥で素朴に暮らす

蜜蜂のささやき

夏の間、雨が全く降らず、畑も森も山も乾き果てていたここ奥会津では連日、雨が続いています。
空が今までの分の埋め合わせをするかの様に。
しとしと、しとしと・・・瑞々しい音を奏でながら、雨は乾いた大地を一滴一滴潤しています。
畑に行こうと戸を開け、雨が降っていると、外に出ようとしていた足が一瞬躊躇してしまいます。
そんな雨の中でも、蜜蜂達は今日も巣を飛び立ち、雨粒に打たれながら花々の蜜を一生懸命に集めています。
僕ら人間と比べ、遙かに小さな蜜蜂達にとって、雨粒は大変大きなものです。
空から散弾の様に降り注ぎ、一粒一粒が勢いよく蜜蜂達の羽を、頭を、小さな体を打ちつけてきます。
巣の為、幼虫の為、他の蜂達の為に、自分達の生命が途絶えないように、そんな過酷な雨の世界へも、蜜を集めに飛び立っているのです。
蜜蜂は小さな偉大なる冒険者ですね。

ここ最近、巣の見回りをしていると必ずと言っていいほど、巣は数匹のキイロススメバチの襲撃に遭っています。
スズメバチも生きるために、蜜蜂を捕らえようと必死に巣の周りを飛び回っているのです。
そんなスズメバチを僕らは網で捕まえ、ピンセットで摘まみ、蜂蜜に漬けます。
自然界の猛者であるスズメバチのエキスが、浸透圧の高い蜂蜜に溶け出てくるのです。
f:id:Yu-Ma:20180914165734j:plain
(写真は40匹程のスズメバチが浸かった蜂蜜です。舐めると、毒が溶け出しているために苦みがあり、舌が痺れます。1年程熟成させると、その苦みが旨味に変わり、極上の蜂蜜となります。)
マタギであり、自然を愛する昭夫さんは、小さな命でも無駄にはしません。

蜜蜂の大敵であり、人々に忌み嫌われてしまう、そんなスズメバチも本当は僕ら人間を助け、生活を支えてくれています。
畑の野菜につく芋虫や、害虫と呼ばれている多くの虫達を毎日食べてくれているのです。

ジャングルが大好きで、学生時代に9ヶ月間程、僕はブラジルのアマゾンに住んでいました。
その時に、ベネズエラとの国境付近の、美しい高原地帯で、農薬を使わず、有機農業を営む日本人のおじさんと出会いました。
そのおじさんの農園の中や近くの林には、肉食性の蜂の巣が沢山あり、ぶんぶん、ぶんぶんと羽音をたてて蜂達が畑を飛び回っていました。
「この蜂達を駆除しなくなってから、農薬を使わなくても虫に食われることなく作物が良く育つようになったんだ!」と蜂達に囲まれながらおじさんは語ってくれました。
コナンドイルが描いた小説「失われた世界」の舞台となったギアナ高地から吹く、太古の香りを含んだ涼しい風に、そのおじさんの語った言葉はなんと心地よく、心に響いてきたことでしょう。
その響きは今でも僕の中で響き渡っています。

スズメバチ達が与えてくれる恩恵は、虫達の数の抑制だけに留まりません。
スズメバチよりも大きな生き物の餌となり、彼らに命を受け渡し、生かし、この地球の生命の多様性に大きく、大切な貢献をしているのです。
食べ物を食べ、人と話し、行きたい所に行き、今こうして幸せに僕らが生きているのは、目に見えない、膨大な数の小さな命の営みがあってこそなのです。
彼らの幸せは、僕らの幸せでもあります。

スズメバチを見た瞬間に殺気を覚え、殺さなきゃ!と思わずに、彼らと敵対せずに、上手く共生出来る世界がそのうち訪れてくれることを願います。

f:id:Yu-Ma:20180914165942j:plain
話が逸れてしまいましたが、蜜蜂の巣箱を観察していると、壁にはなにやら黒いものが沢山付着しています。
夏の間、こんなものはついていませんでした。
これは蜜蜂達の糞なのです。
「ここに良質な餌があるぞ」と仲間達に教える為にスズメバチがつけていくフェロモンの匂いを消す為に、蜜蜂達が糞をわざとつけているのです。
かつての人間がそうであったように・・・、糞をも利用し、その生活に一切の無駄を出さない彼ら、蜜蜂。
消費過剰な社会生活を営む僕ら人間に、この地球で生きていく上で本当に大切なメッセージを、その小さな体で、命を張って、賢明に毎日毎日訴えてきます。
忙しい手を少しだけ休め、その微かなメッセージにそっと耳を澄ましてみましょう。
きっと何か心に響くものがあるはずです。

お弁当

お弁当。
容器は、漆塗りの曲げわっぱ
幼稚園時代に買ってもらった大切な曲げわっぱだ。
火力を間違えて焦がしてしまった玄米に、誕生日プレゼントに梅干し仙人さんから貰った梅干し。
草が伸び放題のジャングルと化した庭で、強靭に育ち、採れた無農薬無肥料のトマトにズッキーニにきゅうり達。
今の季節に、生活に、仕事量には、命が重く、エネルギーの強すぎる肉を食べる資格も必要もなく、玄米と野菜達だけで十分生命を維持し、元気に思い切り生きることが出来る。
肉は食べない、入らない。
肉の油がつかないので、地球に生き物に僕ら自身をも壊す洗剤なんか使うことなく、曲げわっぱは手で洗うだけで綺麗になる。
これらは、僕の一部となり、僕自身となる。
小さなお米一粒一粒が、体の中で燃え、昇華し、それが肉となり血となり、感覚となり、思考となり、言葉となり、呼吸となり、足の歩みとなり、手の動きとなり、更なる生となり、僕は生かされてゆく。

f:id:Yu-Ma:20180907195855j:plain

褌と共に

1年半前、20数年間身につけ続けていたパンツを捨てた。
パンツに代わり、自作の褌を僕は身につけるようになった。
褌を腰に、僕は日本を飛び立ち、北米の荒野を旅した。
毎日毎日、偉大なる大河ユーコン川雄大なる氷河の溶け水で褌を洗い、木の枝に吊るして乾かした。
ユーコンの魂を吸い込んだ褌が風に吹かれ、はためくその姿は生き物そのものであった。
褌は生きていた。
川を吸い、森にぶら下がり、風にゆらめく。
川の水も、森の木々も、吹く風も、この
世界は動きこそが生命であった。
一丁一丁の褌に、日々愛着が湧いていった。
天然素材で、自分の手で一針一針縫っていった褌。
地に両の足を着け、そんな褌をグッと締めたときの心の締まり具合はパンツなんかの100倍だ。

荒野から帰り、福島の山奥に引っ越し、この地に住むお婆ちゃんが僕に褌を8丁も作ってくれた。
ありがとう。
4丁しかなかった褌は10丁を越えた。

そんな褌達を、藍染めした。
藍色に染まり、朝風を吸い込んで揺れる綿と麻の褌。
布に加工される前の、陽を浴び、風に吹かれ、大地に生きていた頃を思い出していることだろう。
日本人の魂である褌を身にまとってから日々の出来事が変わっていった。
出会う人に、起こること、考え・・・
それは褌がもたらした心の変化であった。
これからも褌と共に締まって生きていこう!

f:id:Yu-Ma:20180907195759j:plain

音楽浄土

会津の象徴、磐梯山
その麓に佇む猪苗代湖
夕陽が空を、湖を、砕ける1つ1つの波を、波に撫でられる砂浜を燃やした。
森のなかで遊んでいた人々が、一人また一人と湖畔に自然と集まってきた。
これこそが人々誰しもが求めるもの。
夕陽が沈む。
辺りが暗くなる。
波の音に包まれる浜辺に僕らは座り、語り明かした。
この地球の神秘について
自然について
生命について
他の人の言葉でなく、実体験より成る自分達の言葉で。
地球も様々な声で語ってくる。
波の砕ける音で、地から膨れ上がる虫達の声で、星々の輝きで。
この世界は美しすぎる!!
一瞬たりとも絶つことなく、語りかけ続けてくる地球からのメッセージにもっと沢山の人々が耳を傾けますよーに!
自然を愛し、自分を生きる熱く格好良く素晴らしい男と女、仲間達と出会った2日間のお祭り、音楽浄土!
バイバイまた来年!!

 

f:id:Yu-Ma:20180907195459j:plain

f:id:Yu-Ma:20180907195522j:plain

f:id:Yu-Ma:20180907195536j:plain

f:id:Yu-Ma:20180907195553j:plain

f:id:Yu-Ma:20180907195607j:plain

f:id:Yu-Ma:20180907195621j:plain

f:id:Yu-Ma:20180907195629j:plain

スズメバチ

小さな小さな蜜蜂を捕まえに、毎日蜜蜂の巣箱に寄ってくる黄色雀蜂達。 雀蜂が近づく度に、蜜蜂達は固まり、その小さな体を震わせて抵抗する。 小さくて激しい生命の激突だ。 全身全霊全力で生きる眩しき命。 そんな雀蜂達を虫とり網で捕まえる。 箸ではさみ、蜂蜜に浸けると、蜂蜜のねっとりとした中で雀蜂はもがき、暴れまわる。 その姿からは苦しみしかない。 ただただ苦しみに満ち溢れている。 僕の出来ることは、一秒でもはやく息をひきとり、向こうの世界にかえっていけることを祈るだけだ…。 やがて雀蜂は動かなくなった。 森、山を飛び回り、多くの虫達をその顎で噛み殺し、毒とその姿は人間をも怖じ気づかせる、強烈な生命を持つ雀蜂! その生きる強さが少しずつ蜜に溶け込んでゆく。 自然の濃厚さそのものが溶け込む蜂蜜だ!! f:id:Yu-Ma:20180907195309j:plain

斧の柄

f:id:Yu-Ma:20180810211137j:plain

何もかもが初心者な僕。
薪割りも当然下手くそだ。
薪割りを始めて間もなく、斧の柄を思い切り丸太に叩きつけてしまい、見後に柄を折ってしまった。
爺から受け継いだ大切な斧だ。
このままでは冬の命を繋ぐ暖、薪を作ることが出来ない。
早速、柄の取り替えにかかった。

斧の刃に取り付けられる様に、柄の先端を鉈で削ってゆく。
これも爺から受け継いだ鉈だ。
しかし長年眠っていた鉈は錆で覆われ、刃はボロボロ。
全然削れない。
鉈を砥石で研がなくてならない。

早速砥石で鉈を研いでいった。
シュッシュッシュッシュッ…刃が研がれていった。
長い時間をかけて刃を研ぎ終えた。
使った砥石を次もしっかり使える様に、砥石を砥石で研ぐ。
砥石も刃も研ぎ終え、ようやく柄に鉈の刃が入っていった。
細かい削りカスが散り、手を切って血が流れ、師に何から何まで教えて頂き、丸1日ががりで斧を直すことが出来た。

自然と共に、冬を生きる為には木を切らなくてならない。
それにはチェーンソーが必要で、使えなくてはならない。
チェーンソーの刃を研げなくてはならない。
切った丸太を運ぶ力も必要だ。
運んできた丸太を割らなくてはならず、斧が必要で、使えなくてはならない。
斧の刃を研げなくてはならない。
研ぐ砥石のことを知り、研げなくてはならない。
斧の柄が折れた時には直さなくてはならない。
柄を削る為に鉈が必要で、使えなくてはならない。
鉈の刃を研げなくてはならい。
そうやって割って出来た薪を乾かさなくてはならない。

たったひとつの薪作り、たったひとつの丸太を割る為に、チェーンソーも斧も鉈も砥石も使えなくてはならない。
体に叩き込まなくちゃならないことが山ほどだ!

いつの日か師が言った。
広く浅くでもない。
狭く深くでもない。
広く深く、何でも出来るようにならなくてはならない!
それを欲張りと、ある人は言った。
しかしそれは欲張りでも何でもない。
この地球で生きている僕らに必要な、真の生きる力である。

蜂に刺されて腫れ、草や木に引っ掛かれて擦り切れ、虻に刺されて痒くなり、鉈やチェーンソーの刃で手からは血が流れ、日々体は傷を負ってゆく。
負った傷の分、体は、手は、5体は大自然の中での生活を覚えてゆく。
世界は広くて深く、そんな世界で生きることの喜びはここにある!

白夜の荒野を下る

f:id:Yu-Ma:20180810211024j:plain


落ちかけた陽は空を染め上げ、それは一晩中消えることがなかった。 
黒々としたスプルースの森を隔てて、空と川が向き合っていた。
涼しい風が静けさと共に流れてくる。
フクロウが鳴く森の中から、狼の遠吠えが響いてきた。
その震える声には一言では決して言い表せない、あらゆるものが乗っていた。
川岸で大きなムースが喉を潤していた。
岩の様に逞しい肉体に、輝く空を包んだ水が入っていっていた。
カヌーは漕がず、漕いでしまうのがもったいないほど世界は美しかった。
川の流れに身を任せ、人の手の届かぬ荒野をカヌーはゆっくり流れてゆく。
ずっと、ただひたすら目の前に広がる世界を見、聞き、感じた。
地球は神聖な世界だ。
僕らはその世界の一部であり、その世界で生きていること、何も持たず、無くともただそれだけで幸せだった。
旅した荒野は今でも消えることなく、体の中を流れている。
経験は消えることなく、どんどん大きな川と成してゆく。
若い命を持つものこそ、人に毒されていない原始から続く荒野を一度でいいからたった一人で旅して欲しい!!
生き方も、この地球で生きている意味も、命についても、あらゆることを地球が教えてくれる。