旅する蜂ブログ

旅する蜂ブログ

自然を愛する男の日記 現在、カナダ・アラスカのユーコンの荒野で生きている!

ユーコン川3週間目、ドーソンへ到着

3週間ぶりに携帯を開いた。小さな画面は、今まで常に回りに解き放っていた僕の感覚を瞬時に吸い込んでいく。全くこの機械は恐ろしいものである。ようやく抜けきったものの、早くも僕は現代器機の毒に蝕まれてゆく。

 

 5月24日の昼過ぎ、僕はユーコン川下りの出発地点であるテズリン川のジョンソンズクロッシッングにて、カヌーに荷物を積んでいた。すると、まん丸と太ったおやじが何処ともなく現れた。

「そのカヌーで何処まで行くんだ?ドーソンか?(ユーコン川中流の街)」 「いや、ベーリング海まで行く予定なんだ」 話しながら僕は荷物を整理していった。間もなく荷物を積み終え、僕はおやじに別れを告げて岸をゆっくりと離れていった。するとおやじが叫んだ。 「ちょっとまて!どこへ行く!?」 「どこって、海だけど?」 「逆だ!逆!!方向はそっちじゃない!」 僕は地図とコンパスを照らし合わせ、方向を確認した。間違いなかった。向かっている方向は川の下流で間違いなかった。おやじはしきりに手を振って叫んでいる。僕は岸にカヌーを戻し、降りておやじの元へ歩みよって地図とコンパスを見せた。 「いや、ほら見て、僕が向かってた方向で間違いないよ!」 コンパスを訝しげにいじくり回し、そして言った。 「これ、壊れてるんじゃないのか?」 川の水の流れを見れば一目で分かるのだが、流れはゆったりとしすぎて川はまるで湖のように静まり返っていた。おやじはとにかく真剣な顔で逆だと言い張る。その表情は自信と確信に満ち溢れている。僕は何だか自信がなくなってきた。 僕は再びカヌーに乗り込み、さっきとは逆の、おやじが指し示す方向へ漕いでいった。岸から離れ、川の中央へ進んでゆく。おやじの丸まっちい姿はどんどん小さくなっていった。僕は漕いだ。静かな水面を漕いでいった。すると左手に崖のあることに気がついた。地図で確認すると、崖は今見ている方向と逆の右手に書かれている。やはり僕は合っていたのだ。今まさに逆に進んでいるのだ。岸を見るとおやじの姿はもうどこにもなかった。カヌーを回転させ向きを変え、僕は漕いでいった。

 

 

  こうして5月24日、僕のユーコン川の川旅が始まったのである! それから3週間程かけて800キロ位川を下り、今日6月14日、ユーコン川中流、ゴールドラッシュで栄えた街ドーソンへと到着。人は言う、「ここはパーティーシティだ!!」と。 ここまでの3週間、ずっと自然のなかで過ごし、動物や虫、草木と戯れ、本当に色んなことがあった! ※詳しくは本で書くつもりなのでここでは省きます。 ドーソンで2・3日休んで再び出発だ!

f:id:Yu-Ma:20170616055949j:plain

カヌーと僕

 f:id:Yu-Ma:20170616060509j:plain

おやじに撮って貰った記念の一枚

f:id:Yu-Ma:20170616060547j:plain

美しい初の魚、グレイリング

 

f:id:Yu-Ma:20170616060619j:plain

全て採集し調理した食事。グレイリングの丸焼き、ワイルドオニオンの塩炒め、スプルースの茶。この地を旅する僕にとってこれ以上ない食事である!

f:id:Yu-Ma:20170616061021j:plain

恐ろし程の寛ぎ様、あまりにも寛ぐので、追い抜く人が写真を撮っていった。

 

f:id:Yu-Ma:20170616061100j:plain

濁った本流の水、透き通った貴重な沢の水!沢を探すのは日々の仕事

 

f:id:Yu-Ma:20170616061130j:plain

 

f:id:Yu-Ma:20170616061210j:plain

 

f:id:Yu-Ma:20170616061255j:plain

 

f:id:Yu-Ma:20170616061324j:plain

 

f:id:Yu-Ma:20170616061403j:plain

朽ち果てた丸太小屋。一軒一軒見るごとに僕の中で、丸太小屋を自分で作ろうという決意が固まってくる。

 

f:id:Yu-Ma:20170616061439j:plain

森すら眠っている早朝の船出はこの上なく清々しい!

 

f:id:Yu-Ma:20170616061511j:plain

雨の日もまた美しい。

 

f:id:Yu-Ma:20170616061545j:plain

のんびりと釣り。ここでは釣れなかった。

 

f:id:Yu-Ma:20170616061618j:plain

ムース!!

 

f:id:Yu-Ma:20170616061649j:plain

風の強い日はカヌーにとって最悪の日。洗濯と読書には最高の日!

f:id:Yu-Ma:20170616061732j:plain

まだ雪が残っていた支流。

 

f:id:Yu-Ma:20170616061800j:plain

朝昼夕と欠かさず行う水浴びは僕を魚のようにする

f:id:Yu-Ma:20170616061955j:plain

美しい朝日

 

f:id:Yu-Ma:20170616062136j:plain

初日の野宿

春の息吹と共に

ラバージ湖の畔で1週間、氷の溶けるのを待っていた訳ではあるが、ただ単に氷が溶けるのだけを待っていたのではない。僕には氷の他に、待っていた別のものがあった。
飛行機から降り立ち、外に出てまず目に入った物は、天を突き刺すかのようにとんがったトウヒの木々であった。道路脇に、街中に、森の中に、峰に雪を被った山々が遠くにそびえ、その山々の麓に・・・どこまでも広がっているかのような広大なユーコンの地にトウヒは生えていた。それがこの地のシンボルであるかのようにトウヒの木々が生えているのである。この地に降りたってはじめのころはトウヒのとんがった葉の枝先に、ほんの少し新芽の気配が漂っているだけであった。それらを見て、あとどれくらいで、新芽が芽吹くのか検討もつかなかった。2週間?3週間?1か月後?全く分からなかった。僕は氷の溶けるのと同時にこのトウヒの新芽が芽吹くのをひたすら待ったのである。
実はこのトウヒの新芽は生で食べられ、お茶も作れるのである。僕はそれを心の底から楽しみにしていた。長い荒野の旅で、トウヒの新芽・・・それは僕の体を作り、命を繋いでくれる重要なもの。旅の出発はこのトウヒの新芽が芽吹くのと重なりたいな・・・と毎日毎日思っていた。
昨日、強風によりラバージ湖の氷が消え去り、僕は出発を決意した。そして今日、街中を歩いていると、なんとトウヒの新芽が今にも芽吹こうとしていたのである!
f:id:Yu-Ma:20170524123643j:plain
もうすでに芽吹き、プルプルの新鮮な黄緑色の新芽を出している枝もあった。堪らず僕は摘まんで口に入れた。苦味と共に喜びがほとばしった。
サマータイムである今のユーコン。日は長い。恐らく明日には、殆どのトウヒの木々から、輝かしく弾ける新芽達を見ることが出来るであろう!!その新芽と共に僕は出発する。僕と一緒に旅をしたいと思っている新芽をどんどん食べ、体の一部にし、一緒に旅をしようではないか!!

ではでは、長くなりましたが・・・トウヒの新芽と共に、行ってきます!!

PS
日本でも、山菜等の春の命が次々と土からボコボコ芽吹いてることだろう。日本にいる多くの人がこれらを口にし、思いっきり元気になれるよう祈っています♪

f:id:Yu-Ma:20170524123733j:plain
ラバージ湖へと流れる雪解けの小川
この川を越えるのに何度もゆるゆるの氷が崩れてずっこけ泥だらけになった

f:id:Yu-Ma:20170524123915j:plain
ラバージ湖のすぐそばに住むデンマークの老夫婦に家に招かれた
彼らは、若い頃、夫婦二人で自然のなかを冒険し、それをデンマークでの講演会で人々に伝える仕事をやっていた。以後、カナダに移住し、楽しく生きている

f:id:Yu-Ma:20170524124220j:plain
食べ物は野菜と豆と米

f:id:Yu-Ma:20170524124336j:plain
食器達

氷は消え、ついにカヌーを浮かべるときがやって来た

パラパラと降っていた雨は止み、それに代わるように風が吹き始めた。風は徐々にその強さを増していった。全てを吹き飛ばすかのように荒れはじめた。僕は堪らず岩影に身を隠した。風は土埃を舞いあげ、木々をユサユサと揺らし、湖の湖面上に大波を生じさせていた。湖に浮かぶ氷は大波によって亀裂が生じ、どんどん崩れていった。風は朝まで止むことなく吹き続けた。
早朝、目覚めていつものように湖を眺めた。昨日まで半分以上湖面を覆っていた氷は跡形もなく消え、山影から差し込むオレンジ色の朝日がキラキラと水面に光輝いていた。美しかった。そして、それは出発の合図でもあった。
f:id:Yu-Ma:20170523114924j:plain
f:id:Yu-Ma:20170523115026j:plain
僕はサッと荷物をまとめてキャンプ場を後にし、ヒッチハイクで町へ出た。
f:id:Yu-Ma:20170523114757j:plain

到着初日から色々とお世話になっているカヌーショップ“カヌーピープル”へ行き、扉を潜ると、薄暗い店内からいきなり声が聞こえてきた。
「オーーーーユーマ!森から出てきたか!!元気だったか?!俺は今日出発するぜ!!」ホワイトホースに到着した初日に出会ったイングランド人のハンターという男だった。彼も僕と同じ、ユーコン川を1人アラスカのベーリング海を目指してカヌーで下ろうとしている。明日、最終準備を整えて明後日出発する予定の僕は、のんびりと話ながら彼の準備を見守った。
f:id:Yu-Ma:20170523114854j:plain

閉店間際、オーナーと店員、ハンターと僕で旅の出発を祝って乾杯!
f:id:Yu-Ma:20170523114825j:plain

その後、ハンターは店の裏を流れるユーコン川の水にカヌーを浮かべ去っていった。
f:id:Yu-Ma:20170523114733j:plain
僕の出発地点はユーコン川の支流、テズリン川(ジョンソンクロッシング)だ。この川を1週間程かけて下り、後にユーコン川へと合流する。(1週間氷の溶けるのを待ったラバージ湖は通らないのだが・・・)相当な事がない限りこれ以後、道中ハンターと出会うことはないだろう。それを思うと、川に流されてどんどん小さくなってゆく彼の後ろ姿を見ながら、何だか寂しさが滲み出てきた。ハンター、無事を祈る!!そして最高の川旅を!!!



f:id:Yu-Ma:20170523115046j:plain
PS キャンプ中、不発だった魚の代わりに自生するワイルドオニオンを採集!

森の中で待つ

短い夜が明け、樹上から鳥達の鳴き声が響き渡る。それを聞いて僕は目を覚ます。テントを出、すぐ目の前に広がる湖へと歩いて行く。凍てついた水のなかに入ってゆき、そして顔を洗う。冷たい水をかぶり、目が一瞬にして覚める。そして顔をあげ、広大な湖すを見渡す。湖の表面にはまだ氷が張りつめていた。それを見、僕は思う。まだだ・・・と。


 1週間程前、ユーコン川の玄関口ホワイトホースに到着した僕は現在、町から車で30分程離れたラバージ湖の畔(レイクラバージキャンプ場)にキャンプを張っている。毎日、湖に張った氷の状態を観察し続けている。時たまブラックベアーやきつねが顔をだす森の中に、パリパリと響き渡る氷の割れる音を聞きながら本を読み、食べられる野草を勉強し、時々執筆しながら、僕は待っている。湖の氷が溶けたらカヌーを水に浮かせ、いよいよ旅立つのである!!それはあと1週間~10日程      

f:id:Yu-Ma:20170518060234j:plain

f:id:Yu-Ma:20170518060341j:plain

f:id:Yu-Ma:20170518060405j:plain

森の中に出来上がった最上の僕の巣

f:id:Yu-Ma:20170518060435j:plain

日々の日課、薪割り

f:id:Yu-Ma:20170518060458j:plain

ヒッチハイクで乗せてくれたおじさん

f:id:Yu-Ma:20170518062215j:plain

町に行くとき以外、靴は基本的に履かない

ユーコン川へ、出発だ!!

棚を開け、静かに眠っていた分厚いアルバムを取りだし、1ページ、また1ページと開いていった。僕がまだ物心つく前の赤ン坊の頃から、小学高学年位までの写真が順々に張ってあった。僕の回りには、いつでも自然が写っていた。 親に連れられて、僕は幼い頃から自然と戯れてきた。夏になれば北海道や離島等へキャンプ道具を積んだ車で行き、森のなかでキャンプしながら旅をした。週末は毎週のように秩父の川に行って魚を釣って焚き火をし、冬になれば雪山でスキーをしていた。

幼稚園は“鴻巣ひかり幼稚園”という所へ入り、様々な体験を積んだ。ひかり幼稚園というところは、野性味溢れる動物園の様な所であった。男女関係なく皆すっぽんぽんに、或いはパンツ一丁になって泥の中で遊び、イナゴや銀杏等を採取して焚き火で焼いて食べ、ガチョウ・鶏・兎・ヤギなどと戯れ、何メートルもの高さの木に猿のようにのぼって、尾瀬等の山で登山をした。 記憶を遡ると、自然のなかで過ごしているとき僕はいつでも楽しいとはまた違う、途方もない満足感・解放感に満たされていた。
今思えば、幼い頃のこういった経験が今に繋がっているのだろう。僕は自然が、大大大大大すきである!!

3年前のあるとき、風呂に入っていた僕はふと思った。これまで生きてきた21年間、体を洗う石鹸で僕は、どれだけ僕の大好きな自然を自ら痛めつけてきたのであろうか・・・、そしてこれから生きる何十年で一体どれ程痛めつけてしまうのだろうか・・・と。それから僕の日常から石鹸は消え失せた。いつでも湯か水で体を流すのみになった。髭も水のみで剃るようになった。不思議と体臭は無臭で、痒みなんかも全く出ない。肌はスベスベになり、強くなった。何より僕は、心地よかった。それから1ヶ月前から僕の生活からシャンプーが消えて、歯磨き粉(重曹にとってかわった)が消え失せた。ここ1ヶ月、物凄く心地よかった。草木や小虫達に喜ばれている気がした。 もっともっと地球の自然を感じたい!!それをかなえるため、僕は今日、ユーコンへ向い、家を出た。

これから10月まで僕は自然にどっぷり浸かって生きていく。カナダ・ホワイトホースを源流とし、アラスカ・ベーリング海まで3000キロ程の長さで流れる大河、ユーコン川。源流にカヌーを浮かべ、ベーリング海を目指して荒野の中で生きていくのである。川には数多くの魚がヒレを振るわせて泳ぎ、ハーブやベリーが数多く自生する。魚を釣り自生する植物を採取し、その地の生きた水を飲む。体の細胞殆どをユーコンの荒野と一緒にし、自然に溶け込むのである。靴を脱ぎ捨てて野山を裸足で駆け巡り、川で沐浴し、天上の星達を眺めながら眠る。ベーリング海を目指すといってもそれはただの薄っぺらい目標であり、別にたどり着かなくても全くいい。気に入った場所があればそこで長期間滞在し、その場をとことん満喫しようと思う! だけども、初めて足を踏み入れるユーコンの自然、そこに対して恐怖心がある。だから僕は牙をむかれないように子ネズミのように縮こまり、謙虚に大人しく生かさせて頂こうと思う。自分なりに、自然へ出来るだけ負担をかけないよう生きてきたこれまでの24年間の人生、そして自然を愛する心、それらをもって自然は大いに僕の味方をしてくれるものと確信している。全く根拠は無いのだが・・・ とにかく、行ってきます!!!! こんなに自然を愛するように育ててくれ、そして自分の道を歩かせてくれている両親に、物凄く感謝!!すっかり忘れ去られた頃にひょっこりと何の問題もなく帰ってくるので、安心して気楽に待っててくれれば良いと思う。めっっっっっっっちゃくちゃユーコンの生活を楽しんでくる♪

ブログを変更

1月6日からスタートした雪かき東北縦断の旅

これとは別にブログを作って、そこで記事を更新しているため、このブログはしばらく休みます!

http://yu-ma.hatenablog.jp
雪かき東北縦断の旅
で検索すれば出るかと思いますので、そちらの方をどうぞご覧になってください!
よろしくお願いします

最大の不安は・・・グリズリーである!

 

 ユーコン川を下るにあたり、僕にとっての最大の不安はカヌーの転覆により川に投げ出されることでも、襲い来る蚊の大群でも,気の遠くなるほどの孤独でもない。

最大の不安はそうグリズリー…体重が僕の5倍以上にもなる大型の熊だ。f:id:Yu-Ma:20161217075916p:plain

ユーコンに限らず、シベリアやアラスカ、カナダを舞台に描かれた伝記を読んでみると、グリズリーに対し皆神経を尖らせている。

僕も以前グリズリーに対する恐怖感を抱いたことがある。

それは今から3年前、余りにもずさんな計画により、カナディアンロッキーの山の中で1人野宿をしていた時のこと。

テントも寝袋も持っていなかった僕は、吹き荒ぶ山風に煽られて身を震わせながら眠れぬ1夜を過ごした。

姿こそ見なかったが、その野宿で僕は生まれて初めてグリズリーに対する恐怖感を抱いた。

直ぐ傍の暗闇からグリズリーがこっちの様子を伺っている…かもしれない、食い物の臭いを嗅ぎ付けてこっちにまっしぐらに向かってきている…かもしれないなどと好き勝手に膨らむ恐ろしい想像、あの恐怖感は今でも忘れることはない。

しかし今回の旅は1夜どころではない。グリズリーがそこいらにいる荒野で数か月間もキャンプをするのである。

ユーコン川を下ろうと決めた日からグリズリーが、のっそのそと分厚い筋肉を揺らしながら僕の頭の中を徘徊しているのだ。

3年前のあの時は正露丸を身の回りにばら撒いて、気休めの防御網を張ったのだが、今回はそういう訳にはいかない。

法律で銃を持って行くことも難しいし…。槍を作り、最悪の場合クマスプレーと槍を片手に原始人の様に果敢に挑むか…どうするべきか…僕はずっと悩んでいる。

そんな時に前回のブログでもあげたジョンタ―クのノンフィクション冒険記「縄文人は太平洋を渡ったか」を読んでいると、僕は度々触れるアイヌの文化に関心を引かれた。

熊を山の神と呼んで敬っていたアイヌの人々、あらゆるものに魂が宿っていると考えていたアイヌの人々、僕は自分の考えがどこかアイヌの文化に似ていると感じ、もっとアイヌの文化を知りたくなった。

アイヌ人の信仰を学べば、グリズリー対策のヒントが何か得られるかもしれないと思ったのである。

僕はそれからアイヌ文化の本を数冊軽く読んで、すぐさま北海道の役場や案内所等に問い合わせた。

「信仰を守り、今でも昔ながらの生活をしている人や、アイヌ文化に詳しい人が居ましたら教えてください!僕はこれからグリズリーが沢山いる所に行きます。それでその前にアイヌの方に、クマに対する考え方を聞きたいんです。アイヌ文化を知りたいんです!」と。

しかし電話口の相手はとんでもない馬鹿な奴が来たと思ったのだろうか、皆面倒臭そうに応対し、「そういう人はもう居ないです」と返してくるばかり。

何件も問い合わせたが結果は全て同じであった。

僕は途方に暮れた。やっぱり本で読むしかないのか…生で話を聞くことはもう出来ないのか…と。

そして半ば諦めの気持ちと微かな望みをかけて知床のあるツアー会社に問い合わせてみた。

すると・・・

「あ、いまOOOさんていうアイヌの方が伝承話や文化を残して行く為に、ガイドとして活動してますよ!今、アルバイトも募集してますから、ガイドとして手伝いながら色々と聞いてみてはどうですか?」と明るい返事が返って来た。

僕の心は踊り弾けた。

ただ1月~2月の2ヶ月間、僕はある旅に出る為に尋ねることは出来ない。

ので、3月に入ったら知床へ行き、直でアイヌ文化を学ぼうと思う。グリズリーに対し、今はただ恐怖心しかないのだが、なにか考え方が変わるかもしれない。

何だか楽しくなってきた!!

思わぬ出会いを与えてくれた、ジョンタ―クさんに感謝である。